髪の負担を軽減しよう!アイテムから習慣まで紹介

髪の毛の負担を軽減しないと大変なことに・・・!



髪の毛の負担、というと髪を引っ張ったり頭をたたいたりということを想像する人が多いかもしれません。
でも髪でいう負担っていうのはそれがメインじゃありません。
具体的に言うと髪や頭皮にダメージを与えるということ!

これをすると髪の毛は急激に傷んできます。
髪の毛が痛むということはそれだけ薄毛の状態に近づいて行っているということ。

これを改善しないとあなたの頭の未来は決まってしまいます。
男性なら将来はつるっぱげ、女性ならスカスカの髪の毛に一直線です。
ではどういうものが髪の毛に負担になっているのでしょうか。
日常生活で何気なくしていることが髪にダメージを与えていたんです!

その1、髪型を考えよ!
これは主に女性に向けての話。
女性は髪のけが伸びるのが早いので髪型をアレンジしたくなりますし、しやすいですよね。

縛ったりまとめたり、編んだり編み込んだりと本当に豊富です。
でもその中でかなり髪を痛めてるものも存在するんです。
その1つが固めるもの。

スタイリング剤などがそうですね。
こういった類のものは髪の毛につけてその状態をキープするためにあるんですが、その固定するものっていうのは毛穴にも降りかかってるんです。
このスタイリング剤というのが曲者で、毛穴をふさいでしま効果も持ってるんです。

効果というか副作用ですね。
ここが詰まってしまうと呼吸ができなくなり頭皮、つまりは毛穴や髪の毛の血行が悪くなるんです。
血行が悪くなると髪の毛や頭皮に栄養が巡りにくくなるためどんどん衰えてきます。
女性だと髪が全部抜ける、ということはないんですが確実にへなへなになってくるんです。

そうなると頭皮が透けて見えてくるようになってきます。これはもう世間一般でいう薄毛ですよね。
こんな恐ろしいことがスタイリング剤を使い続けてるだけで起こってしまいます。
今すぐに、ということではないですが控えたほうがいいですよね。

その2、ブッシングを丁寧に!
ブラッシング、朝起きて髪を整えるときにしますよね。
あれも実は逃避を痛めてることがあるんですよ。

とんとんとたたく、もしくは髪をすく、といったような使い方を軽くすれば問題ないんです。
でもがりがり頭がかゆいのか掻いちゃう人がいるんですよね。

気持ちいいので無意識のうちにやってる人が多いと思いますがこれもやめましょう。
頭皮を気づつけてしまうとそこから黴菌が入り延焼してしまいます。
ニキビ発生の原因にもなるので絶対厳禁です。

その3、髪染めはやめよう
これはいろんなところでいわれているので有名なことですね。

巷では実は髪染めは育毛薄毛に関係ない、なんてことも言われますが関係おおありです。
大ありといいましたが実は髪の毛には早退して影響はないんですよね。
確かに痛みはしますが髪の毛が生まれ変わればそれほど残りません。

それより大事なのは頭皮。
こちらが毛染め剤などでものすごく傷んでしまうんです。
この頭皮が痛むと髪の生える土壌が弱ってしまいます。

これが痛むと髪の毛がいくら元気で見生えてくることはできません。
ということでこの髪染めは危険なんです。

どうですか。
なんとなく髪にかかる負担というものが想像できたでしょうか。

こうしたことを対策するアイテムなんかをここでは紹介していきます。
よかったら隅々まで見ていってくださいね!